• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織人気を当て込み…テレ東「全仏OP独占生中継」の勝算

 ギャンブルかもしれない。錦織圭(25)も出場するテニスの全仏オープンが24日に開幕する。錦織の1回戦から生中継を予定しているのがテレビ東京だ。

 現地のローランギャロス(パリ)には特設スタジオを設置し、メーンキャスターにはフランス人ハーフでフランス語が堪能な滝川クリステル(37)を抜擢。「経費をかけない良質な番組作り」をモットーに掲げる同局にとっては異例とも言える熱の入れようである。

 これまで中継してきた世界大会といえば、「世界卓球」や「柔道グランドスラム」など、地味で放映権料が安いといわれるコンテンツばかり。錦織の活躍で注目度が高いとはいえ、放映権だけで1億円以上といわれるテニスのグランドスラムに飛びついたのはなぜか。

 ひとつは「実績作り」といわれる。

 通年を通して行われる野球やサッカー以外の、いわゆる「単発モノ」と呼ばれる海外スポーツ放映権は、カネもさることながら放送した実績が将来の放映権獲得につながるといわれる。錦織は現在世界ランク5位だが、スポーツマスコミは「2年以内にベスト3に入ることが濃厚」と見ている。そうなった時に放映権を持っていれば、視聴率で他局を圧倒できる。テレ東は「錦織の将来性」を買って、あえて勝負に出たのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る