錦織人気を当て込み…テレ東「全仏OP独占生中継」の勝算

公開日:  更新日:

 ギャンブルかもしれない。錦織圭(25)も出場するテニスの全仏オープンが24日に開幕する。錦織の1回戦から生中継を予定しているのがテレビ東京だ。

 現地のローランギャロス(パリ)には特設スタジオを設置し、メーンキャスターにはフランス人ハーフでフランス語が堪能な滝川クリステル(37)を抜擢。「経費をかけない良質な番組作り」をモットーに掲げる同局にとっては異例とも言える熱の入れようである。

 これまで中継してきた世界大会といえば、「世界卓球」や「柔道グランドスラム」など、地味で放映権料が安いといわれるコンテンツばかり。錦織の活躍で注目度が高いとはいえ、放映権だけで1億円以上といわれるテニスのグランドスラムに飛びついたのはなぜか。

 ひとつは「実績作り」といわれる。

 通年を通して行われる野球やサッカー以外の、いわゆる「単発モノ」と呼ばれる海外スポーツ放映権は、カネもさることながら放送した実績が将来の放映権獲得につながるといわれる。錦織は現在世界ランク5位だが、スポーツマスコミは「2年以内にベスト3に入ることが濃厚」と見ている。そうなった時に放映権を持っていれば、視聴率で他局を圧倒できる。テレ東は「錦織の将来性」を買って、あえて勝負に出たのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る