日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織が3回戦進出の全仏 今年は球足遅く「ナダル有利」の指摘

 全仏テニス男子シングルス2回戦(27日)に臨んだ第5シードの錦織圭(25=世界ランク5位)は、センターコートでトマス・ベルッシ(27=同40位)と対戦。前週のジュネーブオープン(クレー)に優勝している188センチのサウスポーが放つ、重くスピンの利いたサーブに苦戦するも3-0で勝った。

「タフな試合だったが勝ててよかった。(相手は)クレーで調子よかったので、いつもより緊張した。長いストローク戦になることはわかっていた。(攻撃は)いつもより変化を加えた。どっちに転んでもおかしくない1セット目が取れたのが大きかった」(錦織)

■赤土が水分を含めばさらにナダル有利に

 全仏の舞台といえばローランギャロスだが、「今年は例年に比べて球足が遅い」との声が多い。錦織も1回戦に勝った直後、「(会場の)ローランギャロスは少し(球足が)遅くてラリーが続く」と語っていた。テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事