日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

37歳安藤がサヨナラ被弾 阪神“ベテラン依存”の限界見えた

 両手を突き上げ全身で喜びを表現する松田の手前で、ブ然とした表情を浮かべているのは阪神の安藤。

 11日の対ソフトバンク戦。延長十一回裏2死一塁から松田にサヨナラ2ランを浴び、ベンチに引き揚げる際のひとコマだ。

 すでに37歳。ベテランながら、阪神では貴重なリリーフとして昨夜が16試合目の登板。最近6試合は計6回3分の1を投げて1失点と、そこそこ安定した投球を続けていた。

 八回を投げた福原は38歳。ここまで6試合連続無失点で、この日も2安打されながら1回を無失点に抑えた。いまや抑えの呉昇桓と並ぶリリーフの柱でもある。

 2点を追う八回1死満塁から、同点に追い付く2点適時打を放った38歳の福留も、過去2年と比べて今季はいい場面での活躍が目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事