37歳安藤がサヨナラ被弾 阪神“ベテラン依存”の限界見えた

公開日:  更新日:

 両手を突き上げ全身で喜びを表現する松田の手前で、ブ然とした表情を浮かべているのは阪神の安藤。

 11日の対ソフトバンク戦。延長十一回裏2死一塁から松田にサヨナラ2ランを浴び、ベンチに引き揚げる際のひとコマだ。

 すでに37歳。ベテランながら、阪神では貴重なリリーフとして昨夜が16試合目の登板。最近6試合は計6回3分の1を投げて1失点と、そこそこ安定した投球を続けていた。

 八回を投げた福原は38歳。ここまで6試合連続無失点で、この日も2安打されながら1回を無失点に抑えた。いまや抑えの呉昇桓と並ぶリリーフの柱でもある。

 2点を追う八回1死満塁から、同点に追い付く2点適時打を放った38歳の福留も、過去2年と比べて今季はいい場面での活躍が目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る