37歳安藤がサヨナラ被弾 阪神“ベテラン依存”の限界見えた

公開日: 更新日:

 両手を突き上げ全身で喜びを表現する松田の手前で、ブ然とした表情を浮かべているのは阪神の安藤。

 11日の対ソフトバンク戦。延長十一回裏2死一塁から松田にサヨナラ2ランを浴び、ベンチに引き揚げる際のひとコマだ。

 すでに37歳。ベテランながら、阪神では貴重なリリーフとして昨夜が16試合目の登板。最近6試合は計6回3分の1を投げて1失点と、そこそこ安定した投球を続けていた。

 八回を投げた福原は38歳。ここまで6試合連続無失点で、この日も2安打されながら1回を無失点に抑えた。いまや抑えの呉昇桓と並ぶリリーフの柱でもある。

 2点を追う八回1死満塁から、同点に追い付く2点適時打を放った38歳の福留も、過去2年と比べて今季はいい場面での活躍が目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る