迫る株主総会 阪神は不振マートン「二軍降格」で追及かわすか

公開日:  更新日:

「このままなら大荒れ総会は必至やろ」

 阪神の周辺からは、こんな声が聞こえてくる。

 今季は開幕からなかなか波に乗れず、チームは5割を行ったり来たり。何よりの火種は極度の不振に陥っているマートン(33)だ。

 12日のオリックス戦では今季2度目となるスタメン落ち。代打出場すらなかった。打率.243で本塁打ゼロという成績もさることながら、前夜の試合では代走を送られると、ベンチで声を荒らげてヘルメットを投げつける醜態を見せた。「ダメ助っ人」への道を突き進むマートンに対しては、阪神OBやマスコミからも非難の声が出ている。

 親会社の株主も“手ぐすね”をひいているに違いない。阪急阪神HDの株主総会が16日に迫っているからだ。

 昨年は和田監督の采配、メジャー帰りの福留の成績不振に対して批判の声が上がった。過去にはケガや不調続きだった城島健司、小林宏之について「不良債権だ」と株主から怒られたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る