迫る株主総会 阪神は不振マートン「二軍降格」で追及かわすか

公開日: 更新日:

「このままなら大荒れ総会は必至やろ」

 阪神の周辺からは、こんな声が聞こえてくる。

 今季は開幕からなかなか波に乗れず、チームは5割を行ったり来たり。何よりの火種は極度の不振に陥っているマートン(33)だ。

 12日のオリックス戦では今季2度目となるスタメン落ち。代打出場すらなかった。打率.243で本塁打ゼロという成績もさることながら、前夜の試合では代走を送られると、ベンチで声を荒らげてヘルメットを投げつける醜態を見せた。「ダメ助っ人」への道を突き進むマートンに対しては、阪神OBやマスコミからも非難の声が出ている。

 親会社の株主も“手ぐすね”をひいているに違いない。阪急阪神HDの株主総会が16日に迫っているからだ。

 昨年は和田監督の采配、メジャー帰りの福留の成績不振に対して批判の声が上がった。過去にはケガや不調続きだった城島健司、小林宏之について「不良債権だ」と株主から怒られたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  10. 10

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る