「同レベル候補者いない」 FIFAブラッター会長辞意撤回の真意

公開日: 更新日:

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長(79)が辞任を撤回、会長職にとどまる可能性が出てきた。日本時間16日に英衛星放送のスカイスポーツが報じた。

 会長の側近アドバイザーの一人が、“納得できる後任候補が現れなければ続投を検討する”と話したそうで、この側近筋は合わせて「アジアとアフリカから(ブラッター会長への)支援のメッセージを受けた。現時点で語学力やサッカー界の知識においてブラッター会長と同レベルの候補者は出ていない」と語った。

 未曽有の汚職事件にまみれるFIFAでは、5選を果たしたブラッター会長が今月2日に辞任の意向を表明。現時点で正式に次期会長選への立候補を表明しているのは、元サッカー日本代表で、現役時代はブラジル代表として活躍した「神様」ジーコ(62)だけだ。

「今後、前回会長選で落選したヨルダンサッカー協会会長のアリ王子、反ブラッターの筆頭で欧州サッカー連盟のプラティニ会長らが出馬の意向を示すものと見られていますが、少なくともジーコはブラッターに歯牙にもかけられていないのが実情です。ジーコは肝心のブラジルサッカー連盟との関係が良くなく、まず母国の支持は得られません。ジーコ自身は金銭、女性スキャンダルとは無縁で実際に清廉潔白。サッカー界では珍しい人間ですが、それは海千山千のFIFAでは特に武器にならず、むしろ恐れるに足らずとなってしまいます」(サッカージャーナリスト)

 ブラッター側近が語った「現時点で会長と同レベルの候補者は出ていない」というのはジーコを指す。伏魔殿のドンはさすがにしぶとい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  10. 10

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る