• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チーム大敗も…西武・秋山「33試合連続安打」まであと2試合

 大記録までもう少しだ。

 西武の秋山(27)が昨12日の日本ハム戦で3安打を放ち、これで連続試合安打を31に伸ばした。これで高橋慶彦(当時・広島)が持つ日本記録の33試合連続安打まで、あと2試合に迫った。

 しかしチームは、秋山が3度も出塁したにもかかわらず、0─10で大敗。秋山も「チームが負けているから、それ以上はない。初回に出塁していれば展開も違っていたかもしれない」と表情は硬かった。

 記録更新への期待は膨らむばかりだが、今季の秋山は84試合で139安打を放っており、シーズンに換算すれば驚異の237安打ペース。歴代1位のマートンの214安打をはるかにしのぐ。このままなら、年間安打の大記録を樹立する可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る