リオで引退示唆のフェンシング太田 次なる野望は政治家転身

公開日:  更新日:

 さらに箔が付いたともっぱらだ。

 ロンドン五輪フェンシング・フルーレ団体と北京五輪フルーレ個人で銀メダルの太田雄貴(29)が、16日の世界選手権(モスクワ)フルーレ個人で、五輪も含めて日本勢として初の金メダルを獲得した。

 これまで主要な国際大会では頂点に立てなかった太田は「本当にうれしい。日本人でも金を取れるということを証明したかった。それができたのはすごくうれしい。五輪で2番、世界選手権も3番(が最高)だったので、優勝にすごく意味がある」と喜びを爆発させた。

 長らく日本のフェンシング界を牽引してきた太田も11月で三十路を迎える。「とりあえず今はリオで一区切りだと思っている」と、来年のリオ五輪後の現役引退をほのめかした。

 引退後は日本オリンピック委員会(JOC)の要職が与えられ、スポーツ全般の普及、発展のために汗をかくとみられているが、本人は別の道へ進みたいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  3. 3

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  9. 9

    ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

  10. 10

    東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

もっと見る