リオで引退示唆のフェンシング太田 次なる野望は政治家転身

公開日: 更新日:

 さらに箔が付いたともっぱらだ。

 ロンドン五輪フェンシング・フルーレ団体と北京五輪フルーレ個人で銀メダルの太田雄貴(29)が、16日の世界選手権(モスクワ)フルーレ個人で、五輪も含めて日本勢として初の金メダルを獲得した。

 これまで主要な国際大会では頂点に立てなかった太田は「本当にうれしい。日本人でも金を取れるということを証明したかった。それができたのはすごくうれしい。五輪で2番、世界選手権も3番(が最高)だったので、優勝にすごく意味がある」と喜びを爆発させた。

 長らく日本のフェンシング界を牽引してきた太田も11月で三十路を迎える。「とりあえず今はリオで一区切りだと思っている」と、来年のリオ五輪後の現役引退をほのめかした。

 引退後は日本オリンピック委員会(JOC)の要職が与えられ、スポーツ全般の普及、発展のために汗をかくとみられているが、本人は別の道へ進みたいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る