杉内スライド先発で見えた 巨人の“警戒球団”はベイと中日

公開日: 更新日:

 DeNA戦が雨天中止となった巨人は、14日に登板予定だった杉内俊哉(34)が15日にスライドして先発する。この日はキャッチボールなどで汗を流し、「今まで何度も経験があるので大丈夫」とコメント。原監督は「強力打線だから先取点をあげないということだね」と、12球団トップのチーム打率2割8分のDeNA打線を警戒した。

 登板日を1日スライドさせるのは、意外と難しいとされる。実際、DeNAはこの日の井納を飛ばし、順番通りにモスコーソが登板する。それでも原監督があえて杉内をスライドさせるのは理由がある。対戦を一回り終えた段階で、ライバル視するチームを絞り込んだというのだ。さるチーム関係者がこう言う。

「計算の立つ杉内には、今回のDeNA戦と2週間先となる28~30日の中日戦で投げて欲しいんですよ。杉内の登板を飛ばし、次カードの阪神戦で投げさせることもできたのに、原監督はそうしなかった。現在のローテでは高木勇が3勝、ポレダ、田口が1勝ずつだが、いずれも新戦力で期待はできても計算はできない。杉内は現在2戦未勝利ながら、斎藤投手コーチが『いい投球をしている』と評価。エースの菅野が1勝2敗と本調子ではないため、厳しいところは実績のある杉内に頼らざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る