杉内スライド先発で見えた 巨人の“警戒球団”はベイと中日

公開日:  更新日:

 DeNA戦が雨天中止となった巨人は、14日に登板予定だった杉内俊哉(34)が15日にスライドして先発する。この日はキャッチボールなどで汗を流し、「今まで何度も経験があるので大丈夫」とコメント。原監督は「強力打線だから先取点をあげないということだね」と、12球団トップのチーム打率2割8分のDeNA打線を警戒した。

 登板日を1日スライドさせるのは、意外と難しいとされる。実際、DeNAはこの日の井納を飛ばし、順番通りにモスコーソが登板する。それでも原監督があえて杉内をスライドさせるのは理由がある。対戦を一回り終えた段階で、ライバル視するチームを絞り込んだというのだ。さるチーム関係者がこう言う。

「計算の立つ杉内には、今回のDeNA戦と2週間先となる28~30日の中日戦で投げて欲しいんですよ。杉内の登板を飛ばし、次カードの阪神戦で投げさせることもできたのに、原監督はそうしなかった。現在のローテでは高木勇が3勝、ポレダ、田口が1勝ずつだが、いずれも新戦力で期待はできても計算はできない。杉内は現在2戦未勝利ながら、斎藤投手コーチが『いい投球をしている』と評価。エースの菅野が1勝2敗と本調子ではないため、厳しいところは実績のある杉内に頼らざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る