杉内スライド先発で見えた 巨人の“警戒球団”はベイと中日

公開日: 更新日:

 DeNA戦が雨天中止となった巨人は、14日に登板予定だった杉内俊哉(34)が15日にスライドして先発する。この日はキャッチボールなどで汗を流し、「今まで何度も経験があるので大丈夫」とコメント。原監督は「強力打線だから先取点をあげないということだね」と、12球団トップのチーム打率2割8分のDeNA打線を警戒した。

 登板日を1日スライドさせるのは、意外と難しいとされる。実際、DeNAはこの日の井納を飛ばし、順番通りにモスコーソが登板する。それでも原監督があえて杉内をスライドさせるのは理由がある。対戦を一回り終えた段階で、ライバル視するチームを絞り込んだというのだ。さるチーム関係者がこう言う。

「計算の立つ杉内には、今回のDeNA戦と2週間先となる28~30日の中日戦で投げて欲しいんですよ。杉内の登板を飛ばし、次カードの阪神戦で投げさせることもできたのに、原監督はそうしなかった。現在のローテでは高木勇が3勝、ポレダ、田口が1勝ずつだが、いずれも新戦力で期待はできても計算はできない。杉内は現在2戦未勝利ながら、斎藤投手コーチが『いい投球をしている』と評価。エースの菅野が1勝2敗と本調子ではないため、厳しいところは実績のある杉内に頼らざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る