中国人選手と契約のMLB 野球普及を目指す“本当の狙い”

公開日: 更新日:

 米大リーグ(MLB)の中国進出が、徐々にだが熱を帯びてきた。

 オリオールズがさる20日、中国出身の許桂源内野手(19)と来季のマイナー契約を結んだと発表した。

 許はMLBが09年、江蘇省に設置したアカデミー出身。現在、中国国内に3カ所あるアカデミーからMLBと契約した初の選手になったが、それ以前の07年6月にはヤンキースが2人の中国人選手と契約して話題になった。

 なにしろ中国の人口は13億人超。ヤンキースには13億人すべてにNYマークのロゴの入った帽子をかぶらせようというプロジェクトがあるともいわれる。

 MLBもヤンキースもオリオールズも選手開拓や商売上のメリット、市場価値があるとソロバンをはじいてはいるものの、しかし、いまのところ中国がさほど魅力的な市場になっているとは思えない。メジャーにいま、中国人選手はひとりもいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る