中国人選手と契約のMLB 野球普及を目指す“本当の狙い”

公開日: 更新日:

 米大リーグ(MLB)の中国進出が、徐々にだが熱を帯びてきた。

 オリオールズがさる20日、中国出身の許桂源内野手(19)と来季のマイナー契約を結んだと発表した。

 許はMLBが09年、江蘇省に設置したアカデミー出身。現在、中国国内に3カ所あるアカデミーからMLBと契約した初の選手になったが、それ以前の07年6月にはヤンキースが2人の中国人選手と契約して話題になった。

 なにしろ中国の人口は13億人超。ヤンキースには13億人すべてにNYマークのロゴの入った帽子をかぶらせようというプロジェクトがあるともいわれる。

 MLBもヤンキースもオリオールズも選手開拓や商売上のメリット、市場価値があるとソロバンをはじいてはいるものの、しかし、いまのところ中国がさほど魅力的な市場になっているとは思えない。メジャーにいま、中国人選手はひとりもいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  6. 6

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る