元中日・川又米利氏が振り返る早実時代「直立不動で電車に」

公開日:  更新日:

 僕は高2だった77年春から4季連続で甲子園に出場しました。同級生には荒木大輔の兄貴の健二がいて、1年下には現在監督をやっている和泉実がいた。今ほど騒がれたという印象はなかったですね。3年春に本塁打を打ちましたけど、3年夏は1回戦で倉吉北(鳥取)に2-3で負けた。僕は今の清宮君と同じ「3番・一塁」で出場。1死二、三塁の好機が2度も回ってきてともに内野フライ。僕が打てなくて負けてしまって、みんなに悪いことをしたなと……。

 僕が早実にいた頃は、学校は早稲田、練習グラウンドは武蔵関にあった。授業が終わると、東西線の早稲田駅までダッシュし、高田馬場駅で西武線に乗り換える。16時の練習開始に間に合うには、15時20分発の準急に乗らないといけない。駅の階段がきつくて走るのも大変でした。車内では、1年生は吊り革につかまってはいけないという“不文律”がありました。武蔵関までの間、3列に並んで直立不動です。一般のお客さんには迷惑だったでしょうね(苦笑い)。武蔵関駅に着いたらグラウンドまでは通行人の安全に考慮して、隊列をなして早歩きで行く。練習時間は短く、冬場ともなると2時間ほどしかなかった。グラウンドに行くまでがウオーミングアップのような感じでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る