カメラマンと接触で負傷のボルトは400mリレー出場微妙か

公開日: 更新日:

「今頃、ライバル国の関係者はほくそ笑んでいることだろう」――。

 世界陸上が行われている北京の「鳥の巣」ではこんな声でもちきりだった。

 27日の男子200メートル決勝はウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が今季世界最高の19秒55で制し、100メートルと合わせ2冠を達成。ゴール後、ジャマイカ国旗を身にまとい、観衆の声援に応えている時だった。セグウェイに乗って撮影していた地元テレビ局のカメラマンと接触して転倒。左脚にかすり傷を負った。患部から血を流しながら各国テレビ局のインタビューを受けたボルトは「大丈夫。何も問題ない」と軽傷を強調したが、不安は尽きない。今後の状態次第では29日の400メートルリレーへの出場は微妙になってきた。

 まさかとは思うが、ボルトの負傷はライバル国が仕向けたものなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る