カメラマンと接触で負傷のボルトは400mリレー出場微妙か

公開日: 更新日:

「今頃、ライバル国の関係者はほくそ笑んでいることだろう」――。

 世界陸上が行われている北京の「鳥の巣」ではこんな声でもちきりだった。

 27日の男子200メートル決勝はウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が今季世界最高の19秒55で制し、100メートルと合わせ2冠を達成。ゴール後、ジャマイカ国旗を身にまとい、観衆の声援に応えている時だった。セグウェイに乗って撮影していた地元テレビ局のカメラマンと接触して転倒。左脚にかすり傷を負った。患部から血を流しながら各国テレビ局のインタビューを受けたボルトは「大丈夫。何も問題ない」と軽傷を強調したが、不安は尽きない。今後の状態次第では29日の400メートルリレーへの出場は微妙になってきた。

 まさかとは思うが、ボルトの負傷はライバル国が仕向けたものなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る