• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カメラマンと接触で負傷のボルトは400mリレー出場微妙か

「今頃、ライバル国の関係者はほくそ笑んでいることだろう」――。

 世界陸上が行われている北京の「鳥の巣」ではこんな声でもちきりだった。

 27日の男子200メートル決勝はウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が今季世界最高の19秒55で制し、100メートルと合わせ2冠を達成。ゴール後、ジャマイカ国旗を身にまとい、観衆の声援に応えている時だった。セグウェイに乗って撮影していた地元テレビ局のカメラマンと接触して転倒。左脚にかすり傷を負った。患部から血を流しながら各国テレビ局のインタビューを受けたボルトは「大丈夫。何も問題ない」と軽傷を強調したが、不安は尽きない。今後の状態次第では29日の400メートルリレーへの出場は微妙になってきた。

 まさかとは思うが、ボルトの負傷はライバル国が仕向けたものなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る