岐路に立つ女子マラソン 伊藤リオ内定も「後半勝負」通用せず

公開日:  更新日:

 今のままでは絶対にメダルは取れない。世界陸上最終日(30日)に行われた女子マラソンは、エチオピアのM・ディババが2時間27分35秒で優勝した。日本選手は伊藤舞の7位が最高。時計は2時間29分48秒だった。他は、前田彩里が2時間31分46秒で13位、重友梨佐は2時間32分37秒で14位だった。

 レースは序盤からスローペースで、33キロすぎにアフリカ勢がペースを上げると、日本勢は次々に脱落。先頭集団4人の争いは、ゴール前100メートルで飛び出したディババが制した。そのディババから6位のトゥファまではすべてアフリカ勢。3位のキルワはバーレーン代表だが出身はケニア。男女マラソンは、アフリカ勢がメダルを独占した。

 入賞(8位以内)の伊藤は、来年のリオ五輪キップは手にしたものの、こんなレースをするようでは五輪でメダルは期待できそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る