岐路に立つ女子マラソン 伊藤リオ内定も「後半勝負」通用せず

公開日: 更新日:

 今のままでは絶対にメダルは取れない。世界陸上最終日(30日)に行われた女子マラソンは、エチオピアのM・ディババが2時間27分35秒で優勝した。日本選手は伊藤舞の7位が最高。時計は2時間29分48秒だった。他は、前田彩里が2時間31分46秒で13位、重友梨佐は2時間32分37秒で14位だった。

 レースは序盤からスローペースで、33キロすぎにアフリカ勢がペースを上げると、日本勢は次々に脱落。先頭集団4人の争いは、ゴール前100メートルで飛び出したディババが制した。そのディババから6位のトゥファまではすべてアフリカ勢。3位のキルワはバーレーン代表だが出身はケニア。男女マラソンは、アフリカ勢がメダルを独占した。

 入賞(8位以内)の伊藤は、来年のリオ五輪キップは手にしたものの、こんなレースをするようでは五輪でメダルは期待できそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る