• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カブス和田、トロント川崎が昇格 「ポストS」出場に現実味

 マイナーでくすぶっている日本人選手が相次いで昇格を果たした。メジャーでは9月1日にベンチ入りメンバーが25人から40人まで認められるロースター拡大に伴い、マイナーから招集する。日本人選手ではカブス・和田毅(34)、ブルージェイズ・川崎宗則(34)の2人が昇格した。

 今季の和田はキャンプ中に左太ももを痛めて開幕から故障者リスト(DL)入り。5月に復帰してからは7試合に先発し、1勝1敗、防御率3.73。まずまずの投球を披露したが、6月22日のドジャース戦で左肩の炎症で再びDL入りした。

 メジャーでは救援を任される見込みだが、今後の投球次第では、渡米4年目にして初のポストシーズンで登板する可能性もある。

 カブスは現在、ナ・リーグ中地区で首位カージナルスと10.5ゲーム差の3位(31日終了時)。地区優勝争いでは大きく離されているとはいえ、74勝56敗の勝率5割6分9厘で2チームが出場できるワイルドカード(WC)争いでは同地区のパイレーツに次いで2位。WCでのポストシーズン進出可能な位置に付けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る