導入コースは好評 「完全スループレー」でゴルフはどう変わる

公開日:  更新日:

 ゴルフは時間のかかる遊びと割り切っていても、ハーフが終了してからレストランで高くてマズい飯を食べさせられ、プレーが終わって風呂に入ってゴルフ場を出る時にはもう夕方。帰りは大渋滞に巻き込まれて疲労困憊というのが、お決まりのパターン。もっと早くプレーできないものか。

 そんなゴルファーの不満に応え、「ベルビュー長尾ゴルフ倶楽部」(静岡・御殿場=写真)が、今年4月から完全スループレー営業に踏み切った。導入のきっかけは何だったのか。

「ゴルフ場は団塊世代に頼り切っているのが現状で、いずれゴルフから離れていく。このままでは入場者が先細りするばかりです。若い世代を含め、新規顧客を取り込むためには、思い切った方向転換をする必要がありました。そこでレストランと浴室(シャワーは9月末まで利用可)を閉鎖し、マスター室近くに新設したカフェで休憩時やプレー終了後、ライスバーガーなどの軽食を取れるようにしました。またラウンドしながら食べられるよう、サンドイッチなどのランチパック付きのプランも用意しています」(赤松支配人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る