• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NBA現役最高シューター ステファン・カリーの市場価値

 MVPの市場価値がうなぎ上りだ。

 米プロバスケットボールNBAのステファン・カリー(27=ゴールデンステート・ウォリアーズ)が4日、契約するスポーツ用品メーカーの販促イベントに出席。日本の高校生を相手に技術指導を行い、フリースローを実演するなど、昨季(14-15年)286本の3ポイントシュートを決めてシーズン最多記録を更新した実力を披露した。

 40年ぶりにファイナル制覇に貢献した「現役最高シューター」は収入もケタ違いだ。14年に4年総額4400万ドル(約52億5000万円)で契約を延長。NBA最高給選手であるコービー・ブライアント(LAレイカーズ)の年俸2500万ドル(約29億8000万円)には到底及ばないが、コート外の収入はトップクラス。カリーはスポーツ用品メーカーの他、生損保会社やアパレル企業など計7社とスポンサー契約を交わしている。米経済誌「フォーブス」(2015年版)によれば、昨年は年俸以外にCM出演料などで550万ドル(約6億5000万円)の収入があったという。キャリア10年以下の選手では稼ぎ頭だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る