圧勝も評価上がらず ハリル監督に“ピッチ外の不安”指摘の声

公開日: 更新日:

「ハリルはフランスの名門パリSGを最後に現役を引退。指導者に転身後はリール、レンヌとフランスの中堅クラブで監督を務め、03年には古巣パリSGで采配を振るようになった。しかし、04―05年のシーズン途中に成績不振を理由に契約解除されると『不当解雇によって社会的信用が失墜し、精神的な苦痛も被った。05―06年シーズンまで残っている契約期間中の年俸を含め、計10億円の損害賠償を求める』と06年にパリSGを相手取って裁判を仕掛け、最高裁までもつれた。10年にハリルの敗訴が確定したとはいえ、JFAもハリルと付き合っていると何かの拍子に裁判沙汰にならないとも限らない。早めに手を切るべきでしょうね」(前出の関係者)

 ハリルホジッチの“取り巻き”にも怪しい連中がいる。欧州サッカー事情に詳しいサッカージャーナリストが言う。

「ハリルには代理人はいないという触れ込みだったが、実はハリルと同じボスニア・ヘルツェゴビナ出身のCというエージェントがついていて、彼は欧州サッカー界に巣くっているマフィアとも深くつながっているといわれる、札付きの人物なのです。ちなみにパリSG相手の裁判を差配したのもCといわれています。実はハリルがパリSGを解雇された当時、フランス国内はサッカー界の汚職事件に揺れており、クラブやスポンサー企業関係者、あとエージェントから逮捕者が出ている。Cも含まれていたともっぱらです」

 たとえ弱小国に圧勝しても、ハリル監督には胡散臭さがついてまわるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る