日本陸上界に嫌気? 新星サニブラウンに「米国移住」情報

公開日:  更新日:

「彼が出ていくのも無理はない」

 陸上関係者がこう言うのが、男子短距離のサニブラウン・ハキーム(16)。8月の世界陸上では200メートルの準決勝まで進出した新星は高校卒業後、米国でプロアスリートになることを検討しているという。

 世界陸上では力強い走りでファンを魅了し、20年東京五輪でメダルも期待されているのに、まさかの米国移住。日本では社会人の陸上だけでメシを食っていくのは容易ではなく、このまま国籍を変える可能性もある。

 冒頭の関係者は「陸連のゴタゴタに嫌気が差したんじゃないか」と、こう続ける。

「今回の世界陸上で日本のメダルは競歩の銅1つだけ。お家芸の400メートルリレーではサニブラウンを温存した揚げ句、バトンミスで予選落ち。この遠因といわれているのが、昨年10月の伊東浩司強化委員会短距離部長の解任です。伊東さんは100メートル10秒00の現日本記録保持者。来年のリオ五輪に向けて選手強化を託されていたが、任期途中で指導法をめぐって衝突していた原田康弘強化委員長にクビにされた。伊東さんは選手からの評判も良かっただけに、現場も困惑していました」

 その結果、世界陸上は惨敗。原田委員長は「リオ五輪は楽観視できない」と、のんきなコメントで周囲を呆れさせた。サニブラウンが旧態依然とした日本陸連を見限ってもおかしくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る