指揮官が慎重姿勢 ヤンキース田中「WCゲーム登板」が微妙に

公開日:  更新日:

 右太もも裏を痛めてローテーションを外れているヤンキース・田中将大(26)のポストシーズンでの登板が微妙になってきた。

 ジラルディ監督は24日(日本時間25日)、ホワイトソックス戦を前に会見。地区優勝を逃して1試合のワイルドカード(WC)ゲームに臨む場合、田中を先発させることに「それを考えるのは時期尚早だ。まだ決められない」と話した。

 WCゲームの先発投手を巡っては23日にキャッシュマンGMが「タナカが最有力候補になる」と断言。絶大な信頼を寄せたが、指揮官は7敗目を喫した18日のメッツ戦以来、マウンドから遠ざかっている田中の起用に慎重な姿勢を崩さなかった。

 その田中は患部の回復具合が順調なら、25日もブルペンで投球練習を再開予定。2度の投球練習を経て、復帰は早くて29日のレッドソックス戦とみられる。

 復帰が予定通りであれば、WCゲームには中6日と休養十分で登板は可能だ。田中はまずブルペンで首脳陣を納得させるだけの投球を披露するしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る