カブス12年ぶり優勝決定戦へ 躍進の陰に元長距離砲の献身

公開日: 更新日:

 老舗球団がポストシーズンで勢いが止まらない。

 ナ・リーグの地区シリーズは13日(日本時間14日)、カブスがカージナルスを6-4で下し、03年以来12年ぶりとなるリーグ優勝決定戦進出を果たした。

 2勝1敗で迎えた第4戦。カブスは同点の六回、4番リゾ(26)のソロ本塁打で勝ち越し。107年ぶりのワールドシリーズ制覇を期待する地元ファンの前で、同地区のライバルを振り切った。

 ポストシーズンに入って打線が好調。12日の第4戦では、ポストシーズン記録となる1試合6本塁打を放った。チーム本塁打12本は、地区シリーズ出場8チーム中、トップだ。

 今季のカブスは、ともにルーキーのブライアント外野手(23=26本塁打)、シュワーバー捕手(22=16本塁打)の2人が成長。リゾ一塁手が2年連続30本塁打を放つなど、若手の活躍が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  8. 8

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

もっと見る