カブス12年ぶり優勝決定戦へ 躍進の陰に元長距離砲の献身

公開日:  更新日:

 老舗球団がポストシーズンで勢いが止まらない。

 ナ・リーグの地区シリーズは13日(日本時間14日)、カブスがカージナルスを6-4で下し、03年以来12年ぶりとなるリーグ優勝決定戦進出を果たした。

 2勝1敗で迎えた第4戦。カブスは同点の六回、4番リゾ(26)のソロ本塁打で勝ち越し。107年ぶりのワールドシリーズ制覇を期待する地元ファンの前で、同地区のライバルを振り切った。

 ポストシーズンに入って打線が好調。12日の第4戦では、ポストシーズン記録となる1試合6本塁打を放った。チーム本塁打12本は、地区シリーズ出場8チーム中、トップだ。

 今季のカブスは、ともにルーキーのブライアント外野手(23=26本塁打)、シュワーバー捕手(22=16本塁打)の2人が成長。リゾ一塁手が2年連続30本塁打を放つなど、若手の活躍が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る