「東京五輪までに」と豪語 サッカーのアジア王座は中国に渡る

公開日:  更新日:

「3連敗もあるんじゃないか」――そんな声も聞こえ始めたのが、東アジア杯初戦で北朝鮮に逆転負けしたハリルジャパンだ。ピッチはかなりの暑さだったとはいえ、格下相手に脚が上がった戦いぶりでは、ライバルの韓国戦(5日)とホーム・中国戦(9日)は、もっと厳しくなるはず。

 W杯2次予選前の前哨戦で惨敗やむなしの雲行きだが、近い将来、日本サッカーはアジア王座から陥落する――。

「習近平国家主席は大のサッカー好きで、W杯開催、さらにはW杯優勝を本気で狙っています。そのためサッカー強化を国策に据え、昨年、小学校以降の体育でサッカーを必修科目にするほか、2年後をメドに2万の重点校をピックアップし、各校にはサッカーグラウンドとトレーニングルームを新設するプランをブチ上げた。中国リーグの広州恒大には、すでにエウケソンやグラールなど強力ブラジル人がいて、さらにパウリーニョが移籍します。今後、“親分の大号令”を受け、さらにリーグが強化されるのは明らかです」(在中ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る