「東京五輪までに」と豪語 サッカーのアジア王座は中国に渡る

公開日:  更新日:

「3連敗もあるんじゃないか」――そんな声も聞こえ始めたのが、東アジア杯初戦で北朝鮮に逆転負けしたハリルジャパンだ。ピッチはかなりの暑さだったとはいえ、格下相手に脚が上がった戦いぶりでは、ライバルの韓国戦(5日)とホーム・中国戦(9日)は、もっと厳しくなるはず。

 W杯2次予選前の前哨戦で惨敗やむなしの雲行きだが、近い将来、日本サッカーはアジア王座から陥落する――。

「習近平国家主席は大のサッカー好きで、W杯開催、さらにはW杯優勝を本気で狙っています。そのためサッカー強化を国策に据え、昨年、小学校以降の体育でサッカーを必修科目にするほか、2年後をメドに2万の重点校をピックアップし、各校にはサッカーグラウンドとトレーニングルームを新設するプランをブチ上げた。中国リーグの広州恒大には、すでにエウケソンやグラールなど強力ブラジル人がいて、さらにパウリーニョが移籍します。今後、“親分の大号令”を受け、さらにリーグが強化されるのは明らかです」(在中ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る