遅咲きツアー未勝利の崎山武志 シニア3年目でなぜ大化け?

公開日:  更新日:

【日本シニアオープン】

 今季シニアツアーは9戦4勝の崎山武志(52)が獲得賞金4997万円でランク首位に立ち、3勝の室田淳(55)が752万円差で追い上げる展開になっている。シニア賞金王タイトルの行方はすでに2人に絞られ、初日は崎山が1アンダー12位タイと、2オーバー34位タイの室田をリードした。

 だが、「崎山って誰?」という向きも少なくないはずだ。ツアーデビューは35歳からという遅咲きで、レギュラーは未勝利だからほとんど無名の存在。女性とのトラブルで逮捕(その後不起訴)、新聞に載って話題になったことがある。シニア入りの2013年にプロ初勝利。そして3年目に大化けしたのだ。

 評論家の児島宏氏がこう言う。

「176センチ、83キロの体格で、シニア入りする前からトレーニングで相当鍛えていたそうです。それも筋肉をつけるのではなく、効率よく体を動かすことに重点を置き、その効果でドライバー飛距離はシニアでトップクラスの280ヤードです。シニアになって無駄な力みが取れて飛距離がアップしたのと、道具の進化とのマッチングが大きい。今年は米シニアプロテストの受験を決めており、まだまだ上を目指している。50歳を越えてから大化けしたわけです」

 上昇志向のプロはいくつになっても進化するのがよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る