原晋
著者のコラム一覧
原晋青山学院大学陸上部監督

1967年3月8日生まれ。広島県出身。広島・世羅高で主将として全国高校駅伝準優勝。中京大卒業後、中国電力陸上競技部1期生として入部。ケガなどで5年の競技人生を終え、同社営業部でサラリーマン人生をスタートした。04年に青学大陸上部監督に就任。09年、33年ぶりに箱根駅伝出場。12年に出雲駅伝初制覇。15年箱根駅伝で青学大を史上初の総合優勝に導いた。

<第4回>体幹トレ先駆者との運命の糸がつながった

公開日: 更新日:

 12日の出雲駅伝を制した青山学院大が次に狙うは、あす11月1日の全日本大学駅伝(名古屋・熱田神宮―伊勢市・伊勢神宮宇治橋)をぶっ千切って「2冠」を達成することだ。年明けの箱根で連覇を飾り、3冠の偉業を達成するためにも必ずモノにしたいレースである。今回は、箱根常連校から優勝校になるには何が足りなかったのか、語ってもらった。(取材・構成=和田悟志)

 青山学院大に就任するに際して、原晋監督は「3~5年で箱根本戦出場。5~9年でシード権。10年で優勝争い」というビジョンを示した。5年目に箱根路に33年ぶりに復帰を果たすと、翌年はシード権(10位以内に入ると翌年度の出場権を得られる)を獲得。強豪校への礎を築いた原監督は「その時々のチーム事情や戦力に合わせて目標値を設定し、それに沿って段階的に強化を進めました」と「元敏腕サラリーマンらしく」振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る