原晋
著者のコラム一覧
原晋青山学院大学陸上部監督

1967年3月8日生まれ。広島県出身。広島・世羅高で主将として全国高校駅伝準優勝。中京大卒業後、中国電力陸上競技部1期生として入部。ケガなどで5年の競技人生を終え、同社営業部でサラリーマン人生をスタートした。04年に青学大陸上部監督に就任。09年、33年ぶりに箱根駅伝出場。12年に出雲駅伝初制覇。15年箱根駅伝で青学大を史上初の総合優勝に導いた。

<第3回>優良企業を退社 退路を断って陸上の世界に舞い戻った

公開日:  更新日:

 正月の箱根駅伝、今月12日の出雲駅伝を制し、強豪校としての風格を漂わせている青山学院大駅伝部。しかし、2009年の箱根駅伝に復活出場を果たすまでに33年もの空白の時があった。原晋監督に青学大就任当時の苦労話を語ってもらった。(取材・構成=和田悟志)

 04年、青学大OBで世羅高(広島)の後輩が仲介役となり、原監督に青学大との縁が生まれた。

 優良企業・中国電力のサラリーマンという安定した人生を放り投げ、退路を断ってまで10年ぶりに陸上の世界に舞い戻った。原監督は、青学大に対して「3~5年で箱根駅伝に出場。5~9年でシード権を獲得。10年目には優勝する」というビジョンをプレゼンの形で示した。敏腕ビジネスマンの視点をもとに段階的に目標を引き上げていくプランを練っていたのだ。

 しかし、当時のチーム状況は想像以上に厳しいものがあった。競技力うんぬん以前に、選手の生活習慣に問題があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る