ロ軍は年俸17位でWS制覇 日本の“金満”球団と何が違うのか

公開日:  更新日:

「プロ野球まで現実と同じでは、夢も希望もありませんよ」

 プロ野球ファンでビジネス評論家の菅野宏三氏が苦笑いする。

 ソフトバンクの圧勝で幕を閉じた今季のプロ野球。ストーブリーグに突入したが、どうもFA権を取得した選手の動きが芳しくない。4日に西武の脇谷がFA宣言選手第1号となったものの、他の大物は動かないともっぱらだ。

 12球団の戦力に変化がなければ、いよいよもってソフトバンクの3連覇が現実味を増す。複数球団が興味を示していた和田(34=前カブス)は、すでに古巣復帰が決定的。今季8試合で1勝1敗(防御率3.62)の和田に、カブスでの年俸3億3000万円をベースとして複数年契約を提示するとあっては、他球団がかなうべくもない。さらにブルージェイズの川崎(34)の獲得も狙っているというのだから、金満球団ここに極まれり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る