ロ軍は年俸17位でWS制覇 日本の“金満”球団と何が違うのか

公開日: 更新日:

「プロ野球まで現実と同じでは、夢も希望もありませんよ」

 プロ野球ファンでビジネス評論家の菅野宏三氏が苦笑いする。

 ソフトバンクの圧勝で幕を閉じた今季のプロ野球。ストーブリーグに突入したが、どうもFA権を取得した選手の動きが芳しくない。4日に西武の脇谷がFA宣言選手第1号となったものの、他の大物は動かないともっぱらだ。

 12球団の戦力に変化がなければ、いよいよもってソフトバンクの3連覇が現実味を増す。複数球団が興味を示していた和田(34=前カブス)は、すでに古巣復帰が決定的。今季8試合で1勝1敗(防御率3.62)の和田に、カブスでの年俸3億3000万円をベースとして複数年契約を提示するとあっては、他球団がかなうべくもない。さらにブルージェイズの川崎(34)の獲得も狙っているというのだから、金満球団ここに極まれり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る