ロ軍は年俸17位でWS制覇 日本の“金満”球団と何が違うのか

公開日: 更新日:

「プロ野球まで現実と同じでは、夢も希望もありませんよ」

 プロ野球ファンでビジネス評論家の菅野宏三氏が苦笑いする。

 ソフトバンクの圧勝で幕を閉じた今季のプロ野球。ストーブリーグに突入したが、どうもFA権を取得した選手の動きが芳しくない。4日に西武の脇谷がFA宣言選手第1号となったものの、他の大物は動かないともっぱらだ。

 12球団の戦力に変化がなければ、いよいよもってソフトバンクの3連覇が現実味を増す。複数球団が興味を示していた和田(34=前カブス)は、すでに古巣復帰が決定的。今季8試合で1勝1敗(防御率3.62)の和田に、カブスでの年俸3億3000万円をベースとして複数年契約を提示するとあっては、他球団がかなうべくもない。さらにブルージェイズの川崎(34)の獲得も狙っているというのだから、金満球団ここに極まれり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

もっと見る