300万円増のG大田 「大砲候補」の後輩台頭で背水の陣

公開日:  更新日:

 巨人の大田泰示(25)が2日、契約更改交渉に臨み、300万円増の年俸2100万円でサイン。「チャンスがたくさんあった中で生かし切れていない。20本塁打が目標」と話した。

 7年目の今季は60試合で打率.277、1本塁打、3打点。打率は自己最高ながら、東海大相模の先輩・原前監督に優先的に出場機会を与えられるなど、“特別扱い”されていたことを考えれば、物足りない成績だ。かつて自主トレで面倒を見てもらった阿部に「今年ダメなら野球をやめるつもりでやれ」などと叱咤激励されながらはや7年。

「巨人は13年に、今や侍ジャパンの4番に成長したDeNAの筒香をトレードで獲得しようとしたことがある。当時、筒香は高卒4年目で、打撃フォームで試行錯誤するなど苦悩。打率.216、1本塁打に終わったことで、巨人はDeNAが話に乗ってくると考えたのでしょう。もし巨人が一線級の投手を出していたら、実現していたかもしれない。この時、折り合いがつかなかった交換要員に大田の名前もあったと聞く。高校の先輩でもあった原前監督という後ろ盾がなくなり、今後は特別扱いで守られることもなくなる。実力でポジションを奪わなければ、トレード話が再燃してもおかしくない」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る