32年ぶり五輪切符の水球男子はなぜ水連の“お荷物”に?

公開日: 更新日:

 84年ロス大会以来、32年ぶりの五輪出場を決めた水球男子日本代表が昨21日、凱旋帰国した。

 アジア選手権が行われた中国・仏山から羽田空港に降り立った一行が会見し、大本洋嗣監督(48)は開催国枠で出場できる20年東京五輪を前に「何としてでも自力で出たい気持ちが強かった。結果にほっとしています」と笑顔を見せた。

 96年アトランタ、08年北京大会では「実力不足」を理由に日本水連がアジア地区予選への派遣を見送るなど、不遇の時が長かった。32年ぶりの五輪切符を勝ち取ったとはいえ、今でも水球を取り巻く環境は男女とも決して恵まれていない。

 他のアマチュアスポーツのように実業団チームがなく、受け皿がないため、有望な大学生でも卒業後は競技を断念せざるを得ない。その後も競技を続ける場合、一般企業で働きながらクラブチームでプレーしている選手が大半だ。仕事をしながら、ナショナルチームに選ばれるだけの高いレベルのパフォーマンスを維持するのは難しい。そのため、今回の代表メンバー16人のうち、半数近い7人が大学生だ。水球が盛んでレベルの高い欧州を主戦場に選ぶ選手もおり、代表メンバーでは4人がハンガリー、セルビア、クロアチアのクラブチームでプレーしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る