32年ぶり五輪切符の水球男子はなぜ水連の“お荷物”に?

公開日:  更新日:

 84年ロス大会以来、32年ぶりの五輪出場を決めた水球男子日本代表が昨21日、凱旋帰国した。

 アジア選手権が行われた中国・仏山から羽田空港に降り立った一行が会見し、大本洋嗣監督(48)は開催国枠で出場できる20年東京五輪を前に「何としてでも自力で出たい気持ちが強かった。結果にほっとしています」と笑顔を見せた。

 96年アトランタ、08年北京大会では「実力不足」を理由に日本水連がアジア地区予選への派遣を見送るなど、不遇の時が長かった。32年ぶりの五輪切符を勝ち取ったとはいえ、今でも水球を取り巻く環境は男女とも決して恵まれていない。

 他のアマチュアスポーツのように実業団チームがなく、受け皿がないため、有望な大学生でも卒業後は競技を断念せざるを得ない。その後も競技を続ける場合、一般企業で働きながらクラブチームでプレーしている選手が大半だ。仕事をしながら、ナショナルチームに選ばれるだけの高いレベルのパフォーマンスを維持するのは難しい。そのため、今回の代表メンバー16人のうち、半数近い7人が大学生だ。水球が盛んでレベルの高い欧州を主戦場に選ぶ選手もおり、代表メンバーでは4人がハンガリー、セルビア、クロアチアのクラブチームでプレーしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る