日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

サウジ戦は冷静にセーフティーにクレバーに試合を進めて

 リオ五輪最終予選の2試合目・タイ戦(16日)でFW鈴木が、見事な先制ゴールを決めた。

 初戦の北朝鮮戦ではポストプレーでバタついたり、ドリブル突破を阻まれるシーンが目立ち、正直に言って「この先、大丈夫か?」と思った。

 しかし、あのシュートは素晴らしかった。

 後方のMF遠藤から右足ダイレクトパスが入る前、機敏に動き出した鈴木は、浮き球パスを頭に当てて前方に流し、そこから「イチ・ニ」のタイミングで右足強烈ボレーだ。「イチ・ニのサン」では、レスポンスの鋭いタイGKがセーブしていたかも知れない。日本の4-0完勝を引き出した見事なゴールだった。

 日本-タイ戦後の1次リーグB組の北朝鮮-サウジアラビア戦は3-3に終わり、日本はB組1位通過を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事