リオ五輪チケット売れず…東京五輪“二の舞い”を専門家危惧

公開日: 更新日:

 東京の物価は世界でも有数の高さ。宿泊施設の不足に備えて民泊の導入が進んでいるとはいえ、大会期間中はホテル代が高騰する。昨年、過去最多の1973万7400人を記録した訪日観光客数をそのまま、5年後の東京五輪にアテ込んでもいいのか。

「ブラジルとは地理的、経済的条件が異なるのでリオ五輪のように深刻な事態にはならないと思いますが」と経済評論家の森永卓郎氏がこう続ける。

「5年後に円高が進んだり、戦争が起きれば話は別ですが、現状では訪日客が激減するとは考え難い。海外からの観戦客は見込めるとは思いますが、それより懸念材料は国内の景気です。安倍政権が来年、10%の消費増税を実施すれば、庶民の買い控えなどが起こり、景気が冷え込む恐れもあるからです。リオほどではないにしろ、国内の景気低迷は東京の集客に影響を及ぼす可能性はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る