高梨&葛西の「両エース」 揃ってジャンプW杯表彰台逃す

公開日: 更新日:

 ノルディックスキージャンプの男女エースが揃って表彰台を逃した。

 男女のW杯が14日(日本時間15日未明)に行われ女子の高梨沙羅(19)はスロベニア・リュブノ大会(HS95メートル、K点85メートル)で93メートルと92.5メートルの合計255.9点で4位に終わり、今季初めて表彰台を逃した。これでW杯総合得点争いは2位ダニエラ・イラシュコ(32=オーストリア)と381点差に縮まり、2季ぶり3度目の個人総合優勝は次戦19日のフィンランド・ラハティ大会に持ち越しとなった。

 女王の座奪還に王手をかけていた高梨は1回目の飛躍でトップに立つが、2回目は踏み切りに失敗して飛距離を伸ばせなかった。珍しいミスに高梨は「今季はそういうことがなかったので悔しい。反省をしっかり整理して、次のラハティに向かいたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る