日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨&葛西の「両エース」 揃ってジャンプW杯表彰台逃す

 ノルディックスキージャンプの男女エースが揃って表彰台を逃した。

 男女のW杯が14日(日本時間15日未明)に行われ女子の高梨沙羅(19)はスロベニア・リュブノ大会(HS95メートル、K点85メートル)で93メートルと92.5メートルの合計255.9点で4位に終わり、今季初めて表彰台を逃した。これでW杯総合得点争いは2位ダニエラ・イラシュコ(32=オーストリア)と381点差に縮まり、2季ぶり3度目の個人総合優勝は次戦19日のフィンランド・ラハティ大会に持ち越しとなった。

 女王の座奪還に王手をかけていた高梨は1回目の飛躍でトップに立つが、2回目は踏み切りに失敗して飛距離を伸ばせなかった。珍しいミスに高梨は「今季はそういうことがなかったので悔しい。反省をしっかり整理して、次のラハティに向かいたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事