締まりなし谷原秀人 WR489位の“格下”に土壇場で逆転食らう

公開日: 更新日:

【BMW ISPSハンダ ニュージーランドオープン】

 1打差ならバーディー、ボギーでひっくり返る――という言葉がある。そんな典型的な負けを土壇場で食らったのが谷原秀人(37=写真)だ。

 4日間ともプロアマ形式で行われる今大会。最終日、単独首位発進の谷原は1打リードで迎えた最終18番パー4でパーオンを逃すと、4メートルのパーパットも決められずボギー。このホールでバーディーを決めたマシュー・グリフィン(32・豪)に逆転されたのだ。

「残念でしたね。(ISPSとスポンサー契約の)ホストプロとしては勝ちたいという思いもあった。日本の開幕まで1カ月ある中、まあ調整とかいろいろやる課題もあると思う。今日は3パットが3回。これに尽きる。もう少し伸ばせたと思う。ただこれがゴルフです」(谷原)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る