日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

締まりなし谷原秀人 WR489位の“格下”に土壇場で逆転食らう

【BMW ISPSハンダ ニュージーランドオープン】

 1打差ならバーディー、ボギーでひっくり返る――という言葉がある。そんな典型的な負けを土壇場で食らったのが谷原秀人(37=写真)だ。

 4日間ともプロアマ形式で行われる今大会。最終日、単独首位発進の谷原は1打リードで迎えた最終18番パー4でパーオンを逃すと、4メートルのパーパットも決められずボギー。このホールでバーディーを決めたマシュー・グリフィン(32・豪)に逆転されたのだ。

「残念でしたね。(ISPSとスポンサー契約の)ホストプロとしては勝ちたいという思いもあった。日本の開幕まで1カ月ある中、まあ調整とかいろいろやる課題もあると思う。今日は3パットが3回。これに尽きる。もう少し伸ばせたと思う。ただこれがゴルフです」(谷原)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事