締まりなし谷原秀人 WR489位の“格下”に土壇場で逆転食らう

公開日: 更新日:

【BMW ISPSハンダ ニュージーランドオープン】

 1打差ならバーディー、ボギーでひっくり返る――という言葉がある。そんな典型的な負けを土壇場で食らったのが谷原秀人(37=写真)だ。

 4日間ともプロアマ形式で行われる今大会。最終日、単独首位発進の谷原は1打リードで迎えた最終18番パー4でパーオンを逃すと、4メートルのパーパットも決められずボギー。このホールでバーディーを決めたマシュー・グリフィン(32・豪)に逆転されたのだ。

「残念でしたね。(ISPSとスポンサー契約の)ホストプロとしては勝ちたいという思いもあった。日本の開幕まで1カ月ある中、まあ調整とかいろいろやる課題もあると思う。今日は3パットが3回。これに尽きる。もう少し伸ばせたと思う。ただこれがゴルフです」(谷原)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る