• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界35位に苦戦…“薄氷”錦織インディアンウェルズ16強

 相性の悪い大会で苦戦しながらも4回戦進出を果たした。

 テニスのBNPパリバ・オープンは15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで男子シングルス3回戦を行い、第5シードで世界ランク6位の錦織圭(26)は第30シードで同35位のスティーブ・ジョンソン(26=米国)と対戦。7-6、7-6のストレートで下し、2年連続の16強入りを決めた。

 錦織は序盤、相手の強力なフォアハンドと不規則に回転するバックハンドスライスを駆使した緩急のある攻撃にてこずった。第1セットの第2ゲームでブレークを許し、3ゲーム連続で失う苦しい立ち上がり。ボールがイレギュラーに弾むコートの特性にも苦しめられ、このセットは格下相手にタイブレークまで持ち込まれた。

 辛うじて第1セットを取ったが、波に乗り切れない。第2セットは互いにサービスキープする展開。錦織は4-3で迎えた第8ゲームでブレークに成功しながら、続く第9ゲームでブレークバックされ、再びタイブレークに突入。リターンエースを決めるなどリズムを取り戻し、7―6で制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る