• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界35位に苦戦…“薄氷”錦織インディアンウェルズ16強

 相性の悪い大会で苦戦しながらも4回戦進出を果たした。

 テニスのBNPパリバ・オープンは15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで男子シングルス3回戦を行い、第5シードで世界ランク6位の錦織圭(26)は第30シードで同35位のスティーブ・ジョンソン(26=米国)と対戦。7-6、7-6のストレートで下し、2年連続の16強入りを決めた。

 錦織は序盤、相手の強力なフォアハンドと不規則に回転するバックハンドスライスを駆使した緩急のある攻撃にてこずった。第1セットの第2ゲームでブレークを許し、3ゲーム連続で失う苦しい立ち上がり。ボールがイレギュラーに弾むコートの特性にも苦しめられ、このセットは格下相手にタイブレークまで持ち込まれた。

 辛うじて第1セットを取ったが、波に乗り切れない。第2セットは互いにサービスキープする展開。錦織は4-3で迎えた第8ゲームでブレークに成功しながら、続く第9ゲームでブレークバックされ、再びタイブレークに突入。リターンエースを決めるなどリズムを取り戻し、7―6で制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る