世界35位に苦戦…“薄氷”錦織インディアンウェルズ16強

公開日: 更新日:

 相性の悪い大会で苦戦しながらも4回戦進出を果たした。

 テニスのBNPパリバ・オープンは15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで男子シングルス3回戦を行い、第5シードで世界ランク6位の錦織圭(26)は第30シードで同35位のスティーブ・ジョンソン(26=米国)と対戦。7-6、7-6のストレートで下し、2年連続の16強入りを決めた。

 錦織は序盤、相手の強力なフォアハンドと不規則に回転するバックハンドスライスを駆使した緩急のある攻撃にてこずった。第1セットの第2ゲームでブレークを許し、3ゲーム連続で失う苦しい立ち上がり。ボールがイレギュラーに弾むコートの特性にも苦しめられ、このセットは格下相手にタイブレークまで持ち込まれた。

 辛うじて第1セットを取ったが、波に乗り切れない。第2セットは互いにサービスキープする展開。錦織は4-3で迎えた第8ゲームでブレークに成功しながら、続く第9ゲームでブレークバックされ、再びタイブレークに突入。リターンエースを決めるなどリズムを取り戻し、7―6で制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る