スイスに惜敗も銀 “カー娘”初メダルで平昌五輪に近づく

公開日:  更新日:

 日本女子のカーリングが土壇場で快挙を逃した。

 カーリングの世界選手権(カナダ・スウィフトカレント)は27日(日本時間28日)、決勝が行われ、日本代表のロコソラーレ(LS)北見がスイスと対戦。既に銀メダル以上を確定していたが、6-9で敗れ金メダル獲得はならなかった。

 1次リーグとプレーオフ初戦で敗れている相手に決勝では最後まで食い下がる。試合は両者譲らず一進一退の攻防が続いた。

 2点をリードされて迎えた第8エンド。後攻の日本はスキップ藤沢のラストショットが相手のストーンをはじき出し、3点を奪って6-5と逆転に成功。第9エンドで2点を取られて迎えた最終エンド。後攻の日本は藤沢のラストショットが外れて得点できずに試合終了。スイスの3連覇達成を許した。

 表彰台の真ん中を逃したが、史上初めてメダルを獲得した日本女子は18年韓国・平昌冬季五輪出場に近づいた。五輪出場枠(10カ国・地域)は16、17年の世界選手権の順位によるポイントの合計上位チームに与えられる。今大会の結果でスイスが14ポイント、日本が12ポイントを獲得した。来年の同大会で予選リーグで敗退しない限り、日本が平昌五輪の出場権を得るのは、ほぼ確実だ。

 これまでルックスだけが注目されてきた日本女子が一躍、世界の強豪に躍り出た。

▽スキップ藤沢のコメント
「ファイナルに出られたことは誇りに思います。また来年も戻ってきたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る