スイスに惜敗も銀 “カー娘”初メダルで平昌五輪に近づく

公開日: 更新日:

 日本女子のカーリングが土壇場で快挙を逃した。

 カーリングの世界選手権(カナダ・スウィフトカレント)は27日(日本時間28日)、決勝が行われ、日本代表のロコソラーレ(LS)北見がスイスと対戦。既に銀メダル以上を確定していたが、6-9で敗れ金メダル獲得はならなかった。

 1次リーグとプレーオフ初戦で敗れている相手に決勝では最後まで食い下がる。試合は両者譲らず一進一退の攻防が続いた。

 2点をリードされて迎えた第8エンド。後攻の日本はスキップ藤沢のラストショットが相手のストーンをはじき出し、3点を奪って6-5と逆転に成功。第9エンドで2点を取られて迎えた最終エンド。後攻の日本は藤沢のラストショットが外れて得点できずに試合終了。スイスの3連覇達成を許した。

 表彰台の真ん中を逃したが、史上初めてメダルを獲得した日本女子は18年韓国・平昌冬季五輪出場に近づいた。五輪出場枠(10カ国・地域)は16、17年の世界選手権の順位によるポイントの合計上位チームに与えられる。今大会の結果でスイスが14ポイント、日本が12ポイントを獲得した。来年の同大会で予選リーグで敗退しない限り、日本が平昌五輪の出場権を得るのは、ほぼ確実だ。

 これまでルックスだけが注目されてきた日本女子が一躍、世界の強豪に躍り出た。

▽スキップ藤沢のコメント
「ファイナルに出られたことは誇りに思います。また来年も戻ってきたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る