スイスに惜敗も銀 “カー娘”初メダルで平昌五輪に近づく

公開日: 更新日:

 日本女子のカーリングが土壇場で快挙を逃した。

 カーリングの世界選手権(カナダ・スウィフトカレント)は27日(日本時間28日)、決勝が行われ、日本代表のロコソラーレ(LS)北見がスイスと対戦。既に銀メダル以上を確定していたが、6-9で敗れ金メダル獲得はならなかった。

 1次リーグとプレーオフ初戦で敗れている相手に決勝では最後まで食い下がる。試合は両者譲らず一進一退の攻防が続いた。

 2点をリードされて迎えた第8エンド。後攻の日本はスキップ藤沢のラストショットが相手のストーンをはじき出し、3点を奪って6-5と逆転に成功。第9エンドで2点を取られて迎えた最終エンド。後攻の日本は藤沢のラストショットが外れて得点できずに試合終了。スイスの3連覇達成を許した。

 表彰台の真ん中を逃したが、史上初めてメダルを獲得した日本女子は18年韓国・平昌冬季五輪出場に近づいた。五輪出場枠(10カ国・地域)は16、17年の世界選手権の順位によるポイントの合計上位チームに与えられる。今大会の結果でスイスが14ポイント、日本が12ポイントを獲得した。来年の同大会で予選リーグで敗退しない限り、日本が平昌五輪の出場権を得るのは、ほぼ確実だ。

 これまでルックスだけが注目されてきた日本女子が一躍、世界の強豪に躍り出た。

▽スキップ藤沢のコメント
「ファイナルに出られたことは誇りに思います。また来年も戻ってきたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る