• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプ高梨沙羅 ライバル不在の“狭間”でW杯総合Vの真価

「昨年の失敗を生かして夏場にしっかりした体をつくってシーズンに入っていけた」――。

 22日に凱旋帰国したノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)が満足そうに振り返った。高梨は今季のW杯で10連勝を含む17戦14勝で圧勝し、2季ぶりにタイトルを奪還。20日の表彰式(スロベニア)では、3度目のクリスタルトロフィーを手にしたが、今季の圧勝劇を「うのみ」にしてはいけない。

 今年は五輪や世界選手権というビッグイベントがない、いわゆる「狭間」のシーズンだ。強豪選手たちは、故障を完全に治したり、来年の世界選手権(ラハティ=フィンランド)へ向けての調整に充てていた。

 例えば、13年世界選手権金メダルでW杯通算13勝のサラ・ヘンドリクソン(21=米国)は、昨年6月に痛めた右ひざの手術で早々とシーズンの欠場を表明。その他の選手も、成績よりスキー板やジャンプスーツのカッティング、シューズに入れるプロテクターの角度調整などを重視。来年の世界選手権、さらに18年に控える平昌五輪へ向けての準備に余念がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る