ジャンプ高梨沙羅 ライバル不在の“狭間”でW杯総合Vの真価

公開日:  更新日:

「昨年の失敗を生かして夏場にしっかりした体をつくってシーズンに入っていけた」――。

 22日に凱旋帰国したノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)が満足そうに振り返った。高梨は今季のW杯で10連勝を含む17戦14勝で圧勝し、2季ぶりにタイトルを奪還。20日の表彰式(スロベニア)では、3度目のクリスタルトロフィーを手にしたが、今季の圧勝劇を「うのみ」にしてはいけない。

 今年は五輪や世界選手権というビッグイベントがない、いわゆる「狭間」のシーズンだ。強豪選手たちは、故障を完全に治したり、来年の世界選手権(ラハティ=フィンランド)へ向けての調整に充てていた。

 例えば、13年世界選手権金メダルでW杯通算13勝のサラ・ヘンドリクソン(21=米国)は、昨年6月に痛めた右ひざの手術で早々とシーズンの欠場を表明。その他の選手も、成績よりスキー板やジャンプスーツのカッティング、シューズに入れるプロテクターの角度調整などを重視。来年の世界選手権、さらに18年に控える平昌五輪へ向けての準備に余念がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る