• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプ高梨沙羅 ライバル不在の“狭間”でW杯総合Vの真価

「昨年の失敗を生かして夏場にしっかりした体をつくってシーズンに入っていけた」――。

 22日に凱旋帰国したノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)が満足そうに振り返った。高梨は今季のW杯で10連勝を含む17戦14勝で圧勝し、2季ぶりにタイトルを奪還。20日の表彰式(スロベニア)では、3度目のクリスタルトロフィーを手にしたが、今季の圧勝劇を「うのみ」にしてはいけない。

 今年は五輪や世界選手権というビッグイベントがない、いわゆる「狭間」のシーズンだ。強豪選手たちは、故障を完全に治したり、来年の世界選手権(ラハティ=フィンランド)へ向けての調整に充てていた。

 例えば、13年世界選手権金メダルでW杯通算13勝のサラ・ヘンドリクソン(21=米国)は、昨年6月に痛めた右ひざの手術で早々とシーズンの欠場を表明。その他の選手も、成績よりスキー板やジャンプスーツのカッティング、シューズに入れるプロテクターの角度調整などを重視。来年の世界選手権、さらに18年に控える平昌五輪へ向けての準備に余念がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る