ジャンプ高梨沙羅 ライバル不在の“狭間”でW杯総合Vの真価

公開日: 更新日:

「昨年の失敗を生かして夏場にしっかりした体をつくってシーズンに入っていけた」――。

 22日に凱旋帰国したノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)が満足そうに振り返った。高梨は今季のW杯で10連勝を含む17戦14勝で圧勝し、2季ぶりにタイトルを奪還。20日の表彰式(スロベニア)では、3度目のクリスタルトロフィーを手にしたが、今季の圧勝劇を「うのみ」にしてはいけない。

 今年は五輪や世界選手権というビッグイベントがない、いわゆる「狭間」のシーズンだ。強豪選手たちは、故障を完全に治したり、来年の世界選手権(ラハティ=フィンランド)へ向けての調整に充てていた。

 例えば、13年世界選手権金メダルでW杯通算13勝のサラ・ヘンドリクソン(21=米国)は、昨年6月に痛めた右ひざの手術で早々とシーズンの欠場を表明。その他の選手も、成績よりスキー板やジャンプスーツのカッティング、シューズに入れるプロテクターの角度調整などを重視。来年の世界選手権、さらに18年に控える平昌五輪へ向けての準備に余念がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る