W杯500戦も訂正か? 葛西の偉業に水差すFISのずさん管理

公開日: 更新日:

 レジェンドがまた一つ歴史に名を刻んだ。

 ノルディックスキー男子ジャンプのW杯は17日、スロベニア・プラニツァ(HS225メートル、K点200メートル)で行われ、葛西紀明(43)が同大会史上最多の500試合出場を果たした。16歳6カ月でデビューした88年12月の札幌大会から27年3カ月での偉業達成である。

「500」のゼッケンをつけて臨んだ飛躍は1、2回目とも225メートルと距離を伸ばせず6位。得意とするフライングヒルで節目の試合を締めくくれなかった葛西は「表彰台に上がりたかったが、トップ10に入れたことがうれしい」と話した。

 1回目を飛び終えると地元ファンから歓声が上がるなど、会場は祝福ムードに包まれたが、実は葛西の出場試合数を巡って疑惑が浮上している。

 W杯は国際スキー連盟(FIS)が管理しており、各大会ごとの順位はともかく、出場試合数は有力選手であっても曖昧な記録しか残っていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る