W杯500戦も訂正か? 葛西の偉業に水差すFISのずさん管理

公開日: 更新日:

 レジェンドがまた一つ歴史に名を刻んだ。

 ノルディックスキー男子ジャンプのW杯は17日、スロベニア・プラニツァ(HS225メートル、K点200メートル)で行われ、葛西紀明(43)が同大会史上最多の500試合出場を果たした。16歳6カ月でデビューした88年12月の札幌大会から27年3カ月での偉業達成である。

「500」のゼッケンをつけて臨んだ飛躍は1、2回目とも225メートルと距離を伸ばせず6位。得意とするフライングヒルで節目の試合を締めくくれなかった葛西は「表彰台に上がりたかったが、トップ10に入れたことがうれしい」と話した。

 1回目を飛び終えると地元ファンから歓声が上がるなど、会場は祝福ムードに包まれたが、実は葛西の出場試合数を巡って疑惑が浮上している。

 W杯は国際スキー連盟(FIS)が管理しており、各大会ごとの順位はともかく、出場試合数は有力選手であっても曖昧な記録しか残っていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る