W杯500戦も訂正か? 葛西の偉業に水差すFISのずさん管理

公開日: 更新日:

 レジェンドがまた一つ歴史に名を刻んだ。

 ノルディックスキー男子ジャンプのW杯は17日、スロベニア・プラニツァ(HS225メートル、K点200メートル)で行われ、葛西紀明(43)が同大会史上最多の500試合出場を果たした。16歳6カ月でデビューした88年12月の札幌大会から27年3カ月での偉業達成である。

「500」のゼッケンをつけて臨んだ飛躍は1、2回目とも225メートルと距離を伸ばせず6位。得意とするフライングヒルで節目の試合を締めくくれなかった葛西は「表彰台に上がりたかったが、トップ10に入れたことがうれしい」と話した。

 1回目を飛び終えると地元ファンから歓声が上がるなど、会場は祝福ムードに包まれたが、実は葛西の出場試合数を巡って疑惑が浮上している。

 W杯は国際スキー連盟(FIS)が管理しており、各大会ごとの順位はともかく、出場試合数は有力選手であっても曖昧な記録しか残っていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る