暴投で3失点…日ハムの足引っ張ったバースの“一人相撲”

公開日: 更新日:

 打たれて炎上の方がはるかにマシだ。

 6日の西武戦に先発した、日本ハムの新助っ人バース(28=前マリナーズ)。二回に適時打を浴びると、1死二、三塁の場面で三塁に牽制悪送球。ボールが無人のグラウンドを転々とする間に、走者2人が生還した。

 さらに五回は1死二塁で秋山へのフォークがワンバウンドの暴投。捕手市川がボールを見失うと、二塁走者炭谷は一気に本塁へ。バースはカバーに入ったものの、時すでに遅し、だった。

 結局、バースは五回途中に降板。4失点中、3失点が自身の暴投だ。開幕2試合で0勝2敗、防御率8.22。こんな助っ人に年俸1億円も払わなきゃいけないのだから、日ハムも頭が痛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る