開幕ダッシュ失敗ソフトB 3連覇は工藤監督の“我慢”がカギ

公開日: 更新日:

 ソフトバンクは選手層の厚さこそ、他球団が最も羨む武器だ。

 二軍で寺原や東浜らが投げているのが、その証拠。他球団ならローテに入っていてもおかしくない連中が、主力がバテてくる夏場に照準を合わせている。現在はロッテと楽天が同率首位だが、後半戦に入っても同じ順位を保てるかは疑問。それだけ選手層には大きな隔たりがある。

 いくら首脳陣がそうした事情を把握していても、負けが込めばファンのブーイングも大きくなる。もっか、工藤監督は高卒6年目の捕手、斐紹を一人前にしようと、一軍で積極的に起用している。しかし、斐紹がマスクをかぶった4試合は一度も勝っていない。打率も1割とあって、ファンからは「斐紹にこだわるのはやめろ!」という不満も上がっている。そうした声に現場が影響されないとは限らない。

 ソフトバンクの3連覇は、首脳陣が我慢を貫き通せるかにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る