チームに馴染んだ酒井高徳 「ほとんどドイツ人」の適応力

公開日: 更新日:

「移籍するたびに新しいチームで出場機会を得ることの難しさを実感しています。攻撃系の選手とは違い、守備系の選手たちはポジショニングも重要になってくるし、相手選手との距離間をどう取ればいいのか、なども難しいですからね。日頃から良い準備をし、出場のチャンスを得た時、準備したものを実戦でどれだけ出せるか、にかかってくる。フランクフルトと対戦した時、ハセさん(日本代表主将のMF長谷部誠)の“経験に基づいた”プレーが参考になりました。落ち着きがあるし、とにかく焦っている感がない。ボクなんて焦って味方選手を見ずにパスしてしまうことがある。ハセさんの落ち着きを見習いたいですね」

 同じブンデスリーガのハノーファーには、日本代表の仲間で同世代のMF清武、山口、DF酒井宏がプレー。中でも酒井宏は、日本代表の右SBのレギュラーを争っている間柄だ。


「彼(酒井宏)によく言うんですよ。ハノーファーは今、チームとしては厳しい状況(最下位で2部降格の危機)だけど、選手個人としては競争相手がいない分、いつも試合に出られる喜びを感じた方がいい――と。どのクラブに属してようが、試合に出られないことは、特にDFにとっては(試合勘を失うことなど)キツイですからね。ハノーファーには日本人が3人いますが、別に羨ましいとか思いません。ボク、あまり日本人、(そばに)いらないんですよ(笑い)。もうボク、ほとんどドイツ人みたいになっちゃってますから。ドイツ語も問題ないし、選手とコミュニケーションを取るのもまったく問題なし。よく『オマエ、日本人じゃないな』と言われますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  7. 7

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る