1週間で124億円荒稼ぎ マスターズがゴルフ界牛耳る理由

公開日: 更新日:

 加えて両団体ともにエグゼクティブディレクター、専務理事といったポジションはあるものの、最終的な意思決定をする、理事や会長は任期があり、よく代わる。その点、オーガスタナショナルのビリー・ペイン会長は、1934年の開場からまだ3代目なのだ。長期にわたって独自プランを実行させることができるのだ。

 歴代USGA会長の多くは、退官後にオーガスタのメンバーになっているが、その出世頭が今年、マスターズ広報委員長から競技委員長に昇格したフレッド・リドレイ氏だ。これがマスターズ委員会の世界のゴルフ界に対する発言力の強さを物語っている。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  5. 5

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    年金で海外移住 預金250万円でビザが下りるタイがイチオシ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る