東京五輪追加種目狙う「スポーツクライミング」の将来性

公開日: 更新日:

「東京五輪に出るつもりで今年のW杯に参戦している。20年は狙っています」――。

 スポーツクライミング日本代表女子のエース野口啓代(26)が、あらためて20年東京五輪出場に意欲を見せた。

 21日は、W杯日本大会(23~24日、埼玉・加須)の記者発表会に臨み、「(加須は優勝した)ジャパンカップもあって思い入れのある場所。いいパフォーマンスにつなげたい」と今季初勝利を誓った。

 スポーツクライミングは野球・ソフトボールなどの4競技とともに20年東京五輪追加種目の最終候補に入った。実施競技は今年8月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決定する。

 日本のスポーツクライミングは、W杯シリーズ連覇中の野口を筆頭に男女とも人材が豊富といわれる。五輪では3種目複合で実施予定だが、日本が国際大会結果を残しているのは2種目のみ。突起物を掴んで登る「ボルダリング」、ロープをつたって頂上を目指す「リード」がそれで、15メートルの壁を登る速さを競う「スピード」は出ても上位入賞は厳しいとみられている。ロシアら東欧勢に強豪が揃う「スピード」でW杯に出場した日本勢は皆無で、野口ですら不得手にしているほどだ。

 ここにきて日本代表も海外合宿を行うなどスピード強化に乗り出しているものの、首尾よく追加種目に採用されても20年までに間に合うのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る