東京五輪追加種目狙う「スポーツクライミング」の将来性

公開日: 更新日:

東京五輪に出るつもりで今年のW杯に参戦している。20年は狙っています」――。

 スポーツクライミング日本代表女子のエース野口啓代(26)が、あらためて20年東京五輪出場に意欲を見せた。

 21日は、W杯日本大会(23~24日、埼玉・加須)の記者発表会に臨み、「(加須は優勝した)ジャパンカップもあって思い入れのある場所。いいパフォーマンスにつなげたい」と今季初勝利を誓った。

 スポーツクライミングは野球・ソフトボールなどの4競技とともに20年東京五輪追加種目の最終候補に入った。実施競技は今年8月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決定する。

 日本のスポーツクライミングは、W杯シリーズ連覇中の野口を筆頭に男女とも人材が豊富といわれる。五輪では3種目複合で実施予定だが、日本が国際大会結果を残しているのは2種目のみ。突起物を掴んで登る「ボルダリング」、ロープをつたって頂上を目指す「リード」がそれで、15メートルの壁を登る速さを競う「スピード」は出ても上位入賞は厳しいとみられている。ロシアら東欧勢に強豪が揃う「スピード」でW杯に出場した日本勢は皆無で、野口ですら不得手にしているほどだ。

 ここにきて日本代表も海外合宿を行うなどスピード強化に乗り出しているものの、首尾よく追加種目に採用されても20年までに間に合うのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る