女子トランポリン中野蘭菜 武器はルックスより“G難度技”

公開日:  更新日:

 女子トランポリンに新鋭が現れた。

 19日(日本時間20日)のリオ五輪世界最終予選(ブラジル・リオ)で中野蘭菜(星稜クラブ)が初の五輪出場を決めた。中野は全体で7位だったが、既に出場枠を獲得した5カ国を除いて国別で3位に入り、出場権を確保した。

 15位に終わったロンドン五輪代表の岸彩乃(23=金沢学院大クラブ)との争いを制した中野は「うれしい。まだ実感がわかない」としながらも、「両親に(五輪に)出場できるよ、と伝えたい」と初々しい笑顔を見せた。

 母親の勧めで4歳でトランポリンを始め、14年のアジア・ジュニア選手権(千葉)では3位に入り、同年のユース五輪(中国・南京)では銀メダルを獲得した。早くから将来を嘱望され、岸とともにキュートなルックスも注目されてきた。

 中野は世界でも数少ない「2回宙返り、3回宙返りひねり」を得意とする。体操で言えばG難度クラスの技とされ、3回宙返りした後にひねりを加えるため、着地姿勢が崩れやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る