• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

父義行氏も成長評価 重量挙げ三宅宏美は“年の功”で調整中

 4度目となる五輪では経験値が強みになる。

 12年ロンドン五輪銀メダリスト三宅宏美(30)は昨年11月の世界選手権で銅メダルを獲得。リオの出場権を手にしたが、大会にはぶっつけ本番で臨んだ。

 一昨年末に腰を痛めて1カ月間はシャフトさえ握れなかった。痛みが引いて練習を再開しても、再発を恐れて調整はままならない。スナッチ(87キロ)、ジャーク(110キロ)の2種目ともロンドンの記録に迫ったのは世界選手権の開幕1週間前だった。

 父親で女子代表監督でもある義行氏(70)は、ここ数年の三宅の成長ぶりをこう説明する。

「若い頃とは違って、年間を通じて練習しなくても、本番で力を発揮できるようになった。ロンドン五輪と比べて調整は遅れており、今はどん底の状態だが、年を取るごとに調整、ピーキングは身に付いてきている。あくまでも8月6日の本番にピークを迎えられるように調整しています。最高の状態に持っていけるかどうかはタイミング次第ではありますが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る