選手大麻使用でスノボ大幅減 宙に浮く「強化費」どうなる

公開日:  更新日:

 当然のことながら、大麻使用が発覚したスノーボードの2選手に厳罰が下った。

 27日、全日本スキー連盟(SAJ)は都内で臨時理事会を開き、ドラッグに手を出した強化指定選手である未成年2人に対して会員、競技者登録の停止(いずれも無期限)、日本オリンピック委員会(JOC)、SAJの強化指定選手の取り消し、解除の4つの処分を下した。未成年のため、当該2選手の氏名などは公表しなかったが、種目はスロープスタイルと明かした。

 SAJによると、強化指定選手、コーチ、スタッフ計20人にヒアリング調査を行った結果、昨年の米国・コロラド州への遠征中に2人の大麻使用が判明。ひとりは大麻吸引を認めたが、もうひとりはヒアリングすら拒否。任意による事情聴取では「やってません」と否定しながら、2~3月にかけて実施した毛髪検査では陽性反応を示したというから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る