• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手大麻使用でスノボ大幅減 宙に浮く「強化費」どうなる

 当然のことながら、大麻使用が発覚したスノーボードの2選手に厳罰が下った。

 27日、全日本スキー連盟(SAJ)は都内で臨時理事会を開き、ドラッグに手を出した強化指定選手である未成年2人に対して会員、競技者登録の停止(いずれも無期限)、日本オリンピック委員会(JOC)、SAJの強化指定選手の取り消し、解除の4つの処分を下した。未成年のため、当該2選手の氏名などは公表しなかったが、種目はスロープスタイルと明かした。

 SAJによると、強化指定選手、コーチ、スタッフ計20人にヒアリング調査を行った結果、昨年の米国・コロラド州への遠征中に2人の大麻使用が判明。ひとりは大麻吸引を認めたが、もうひとりはヒアリングすら拒否。任意による事情聴取では「やってません」と否定しながら、2~3月にかけて実施した毛髪検査では陽性反応を示したというから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る