• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手大麻使用でスノボ大幅減 宙に浮く「強化費」どうなる

 当然のことながら、大麻使用が発覚したスノーボードの2選手に厳罰が下った。

 27日、全日本スキー連盟(SAJ)は都内で臨時理事会を開き、ドラッグに手を出した強化指定選手である未成年2人に対して会員、競技者登録の停止(いずれも無期限)、日本オリンピック委員会(JOC)、SAJの強化指定選手の取り消し、解除の4つの処分を下した。未成年のため、当該2選手の氏名などは公表しなかったが、種目はスロープスタイルと明かした。

 SAJによると、強化指定選手、コーチ、スタッフ計20人にヒアリング調査を行った結果、昨年の米国・コロラド州への遠征中に2人の大麻使用が判明。ひとりは大麻吸引を認めたが、もうひとりはヒアリングすら拒否。任意による事情聴取では「やってません」と否定しながら、2~3月にかけて実施した毛髪検査では陽性反応を示したというから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る