選手大麻使用でスノボ大幅減 宙に浮く「強化費」どうなる

公開日: 更新日:

 当然のことながら、大麻使用が発覚したスノーボードの2選手に厳罰が下った。

 27日、全日本スキー連盟(SAJ)は都内で臨時理事会を開き、ドラッグに手を出した強化指定選手である未成年2人に対して会員、競技者登録の停止(いずれも無期限)、日本オリンピック委員会(JOC)、SAJの強化指定選手の取り消し、解除の4つの処分を下した。未成年のため、当該2選手の氏名などは公表しなかったが、種目はスロープスタイルと明かした。

 SAJによると、強化指定選手、コーチ、スタッフ計20人にヒアリング調査を行った結果、昨年の米国・コロラド州への遠征中に2人の大麻使用が判明。ひとりは大麻吸引を認めたが、もうひとりはヒアリングすら拒否。任意による事情聴取では「やってません」と否定しながら、2~3月にかけて実施した毛髪検査では陽性反応を示したというから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  8. 8

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る