金メダルは遠く…男子柔道の原沢&七戸ともに準決勝敗退

公開日: 更新日:

 こんな結果では胸を張って五輪へは行けない。

 柔道男子100キロ超級のリオ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権が29日に行われ、五輪代表に最も近いといわれた原沢久喜(23)と、逆転での代表入りを狙う七戸龍(27)はともに準決勝で敗れた。

 昨年4月の全日本に勝ってから国内外で7大会連続優勝の原沢は、消極的な試合運びで上川大樹(26)に0-3の旗判定で負けた。七戸は王子谷剛志(23)に大外巻き込みで一本負けを喫した。決勝は王子谷が上川に一本勝ちした。

 決勝直後の全日本男子・井上康生監督は、代表候補の2人が準決勝で敗退したことについて、「代表争いをすることで動きが硬くなっていたが、五輪ではこれ以上の緊張感がある。その上で代表に選ばれた者は準備をしなければと、あらためて危機感を覚えた」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  6. 6

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  7. 7

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る