• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内村航平が体操NHK杯8連覇 個人総合37連勝でリオに自信

 無敵の強さだ。体操のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねて個人総合で争うNHK杯最終日は5日、東京の代々木第一体育館で行われ、既に代表に決まっているロンドン五輪個人総合金メダリストの内村航平(27=コナミスポーツ)が、184.650点で8連覇を達成。自身の最多記録を更新した。

 個人総合37連勝となった内村は優勝インタビューで「鉄棒の着地は止めて当たり前。でも止めたら凄い気持ちいい。自分で当たり前のように止めているのに、観客の皆さんの拍手で凄い盛り上がる。これを五輪の舞台でやらないといけないし、っていうか、絶対にやります!」と意気込んだ。

 五輪団体のメンバー2人目は加藤に決定。残り3人の代表は6月の全日本種目別を含めた選考会3大会の成績で決まる。「どんなメンバーになっても、ボクたちの演技ができれば金メダルを取れると思っている」と団体金メダルを宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る