内村航平が体操NHK杯8連覇 個人総合37連勝でリオに自信

公開日:  更新日:

 無敵の強さだ。体操のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねて個人総合で争うNHK杯最終日は5日、東京の代々木第一体育館で行われ、既に代表に決まっているロンドン五輪個人総合金メダリストの内村航平(27=コナミスポーツ)が、184.650点で8連覇を達成。自身の最多記録を更新した。

 個人総合37連勝となった内村は優勝インタビューで「鉄棒の着地は止めて当たり前。でも止めたら凄い気持ちいい。自分で当たり前のように止めているのに、観客の皆さんの拍手で凄い盛り上がる。これを五輪の舞台でやらないといけないし、っていうか、絶対にやります!」と意気込んだ。

 五輪団体のメンバー2人目は加藤に決定。残り3人の代表は6月の全日本種目別を含めた選考会3大会の成績で決まる。「どんなメンバーになっても、ボクたちの演技ができれば金メダルを取れると思っている」と団体金メダルを宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る