日本勢に強敵 美女“マルチスイマー”ホッスーが大会新でV

公開日: 更新日:

 世界を代表するマルチスイマーがリオ五輪を前に調子を上げてきた。

 競泳の欧州選手権(英国・ロンドン)が16日(現地時間)に開幕。初日は男女計4種目の決勝が行われ、女子400メートル個人メドレーは昨年の世界選手権で200メートルと合わせて2大会連続の2冠を達成したカティンカ・ホッスー(27、ハンガリー)が4分30秒90の大会記録で優勝。

 自身の持つ4分22秒89の今季最高タイムには及ばなかったが、リオ五輪に向けて順調な仕上がりを披露した。

 W杯などの国際大会では複数種目でメダルを獲得しているマルチスイマーは意外にも五輪(北京、ロンドン)では無冠だ。

 出場が確実視されるリオでも複数種目にエントリーするとみられ、日本の星奈津美、渡部香生子、池江璃花子らの強力なライバルとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る