• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡部香生子「チームVISA」入り 水泳選手は億万長者夢じゃない

 8月の世界選手権(ロシア・カザン)での金メダル獲得で大金を掴んだのが競泳女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、瀬戸大也(21)だ。

 渡部は29日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)選手強化寄付プログラムの発表会見に出席。この寄付プログラムは、VISAカードのユーザーが貯めたポイントをインターネットを通じて寄付すると、現金換算されてJOCへ送られ、各競技団体へ分配される。それが選手の強化費用に充てられるというもの。

 渡部は「選手の強化支援はもちろん、若いアスリートの励みになって欲しい」と寄付を訴えた。

 すでに渡部は、世界選手権で金、銀(200メートル個人メドレー)2つのメダルを獲得。大会と日本水連のオフィシャルパートーナーから合計約900万円の報奨金を得ている。400メートルメドレーを制した瀬戸も同様に約680万円のボーナスを手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る