日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡部香生子「チームVISA」入り 水泳選手は億万長者夢じゃない

 8月の世界選手権(ロシア・カザン)での金メダル獲得で大金を掴んだのが競泳女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、瀬戸大也(21)だ。

 渡部は29日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)選手強化寄付プログラムの発表会見に出席。この寄付プログラムは、VISAカードのユーザーが貯めたポイントをインターネットを通じて寄付すると、現金換算されてJOCへ送られ、各競技団体へ分配される。それが選手の強化費用に充てられるというもの。

 渡部は「選手の強化支援はもちろん、若いアスリートの励みになって欲しい」と寄付を訴えた。

 すでに渡部は、世界選手権で金、銀(200メートル個人メドレー)2つのメダルを獲得。大会と日本水連のオフィシャルパートーナーから合計約900万円の報奨金を得ている。400メートルメドレーを制した瀬戸も同様に約680万円のボーナスを手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事