• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡部香生子「チームVISA」入り 水泳選手は億万長者夢じゃない

 8月の世界選手権(ロシア・カザン)での金メダル獲得で大金を掴んだのが競泳女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、瀬戸大也(21)だ。

 渡部は29日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)選手強化寄付プログラムの発表会見に出席。この寄付プログラムは、VISAカードのユーザーが貯めたポイントをインターネットを通じて寄付すると、現金換算されてJOCへ送られ、各競技団体へ分配される。それが選手の強化費用に充てられるというもの。

 渡部は「選手の強化支援はもちろん、若いアスリートの励みになって欲しい」と寄付を訴えた。

 すでに渡部は、世界選手権で金、銀(200メートル個人メドレー)2つのメダルを獲得。大会と日本水連のオフィシャルパートーナーから合計約900万円の報奨金を得ている。400メートルメドレーを制した瀬戸も同様に約680万円のボーナスを手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る