• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美誠“金星”ならメダルも 雑誌「卓球王国」がリオ団体予想

 カギを握るのは、やはり伊藤美誠(15)だ。

 前回大会で日本の女子団体は五輪史上初のメダルを獲得した。それは、チームランキングで世界2位となり、第2シードになったことで、決勝まで中国と当たらなかったことが大きい。現在はドイツと熾烈な2位争いを演じている。仮に2位を確保して決勝まで勝ち進めば、相手は間違いなく中国だ。

 中国のメンバーは、3月の世界卓球(団体戦)の決勝に出てきた世界ランク1位の劉詩雯に、ロンドン五輪銀で昨年の世界選手権(蘇州・個人戦)を制した丁寧(同2位)、ロンドン金の李暁霞(同5位)で決まりだろう。

 日本は、石川(同4位)、福原(同6位)、伊藤(同10位)の3人が世界最強に挑むわけだが、月刊誌「卓球王国」編集部の今野昇氏は「前回も決勝進出は紙一重の戦いでした。もし準決勝でドイツと当たれば厳しい戦いになることが予想されます。そこが決勝前の一番の関門になるでしょう」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る