• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今場所も白鵬の右ヒジの餌食? 日本人力士に足りない気迫

 おそらく今場所も「あの手」を使うのだろう。10日に初日を迎える大相撲名古屋場所。

 横綱白鵬(31)は、残り13勝となった史上3人目の通算1000勝と38度目の優勝の同時達成を目指すが、いくら勝ち星を積み重ねようが、このモンゴル人を大横綱と認める好角家は少ない。今更ではあるが、立ち合いの「変化」や「かち上げ」は禁じ手ではないものの、相手を痛めつける取り口を日本人は「横綱相撲」とは認めていないからだ。

 しかし、そんな白鵬にデカイ顔をされている日本人力士も情けない。今年の初場所で初優勝した大関・琴奨菊(32)の賜杯は日本出身力士では10年ぶりのこと。

 相撲協会の八角理事長は中央公論8月号のインタビューで「白鵬にやられたらやり返すぐらいの気力が他の力士にない……私は……かち上げがくれば痛いわけだから、それ以上に痛がらせてやろう、というくらいの気持ちでいた」と述べ、さらに、日本人力士が横綱になれないのは気迫が足りないとも語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る