今場所も白鵬の右ヒジの餌食? 日本人力士に足りない気迫

公開日:  更新日:

 おそらく今場所も「あの手」を使うのだろう。10日に初日を迎える大相撲名古屋場所。

 横綱白鵬(31)は、残り13勝となった史上3人目の通算1000勝と38度目の優勝の同時達成を目指すが、いくら勝ち星を積み重ねようが、このモンゴル人を大横綱と認める好角家は少ない。今更ではあるが、立ち合いの「変化」や「かち上げ」は禁じ手ではないものの、相手を痛めつける取り口を日本人は「横綱相撲」とは認めていないからだ。

 しかし、そんな白鵬にデカイ顔をされている日本人力士も情けない。今年の初場所で初優勝した大関・琴奨菊(32)の賜杯は日本出身力士では10年ぶりのこと。

 相撲協会の八角理事長は中央公論8月号のインタビューで「白鵬にやられたらやり返すぐらいの気力が他の力士にない……私は……かち上げがくれば痛いわけだから、それ以上に痛がらせてやろう、というくらいの気持ちでいた」と述べ、さらに、日本人力士が横綱になれないのは気迫が足りないとも語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る