今場所も白鵬の右ヒジの餌食? 日本人力士に足りない気迫

公開日:  更新日:

 おそらく今場所も「あの手」を使うのだろう。10日に初日を迎える大相撲名古屋場所。

 横綱白鵬(31)は、残り13勝となった史上3人目の通算1000勝と38度目の優勝の同時達成を目指すが、いくら勝ち星を積み重ねようが、このモンゴル人を大横綱と認める好角家は少ない。今更ではあるが、立ち合いの「変化」や「かち上げ」は禁じ手ではないものの、相手を痛めつける取り口を日本人は「横綱相撲」とは認めていないからだ。

 しかし、そんな白鵬にデカイ顔をされている日本人力士も情けない。今年の初場所で初優勝した大関・琴奨菊(32)の賜杯は日本出身力士では10年ぶりのこと。

 相撲協会の八角理事長は中央公論8月号のインタビューで「白鵬にやられたらやり返すぐらいの気力が他の力士にない……私は……かち上げがくれば痛いわけだから、それ以上に痛がらせてやろう、というくらいの気持ちでいた」と述べ、さらに、日本人力士が横綱になれないのは気迫が足りないとも語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る