格下相手にまた“エルボー” 白鵬にプロレス転向のススメ

公開日:  更新日:

 国技館にブーイングの嵐が巻き起こった。

 標的は当然、横綱白鵬(31)である。立ち合いで琴勇輝の左頬を張ると、変化しながら続けざまに右のヒジ打ち。琴勇輝が左手を出していたのでヒジは不発に終わったものの、変化で体勢を崩した相手を難なく押し出した。

 これには中継の解説を務めていた舞の海(元小結)も、こう苦言を呈した。

「かち上げは反則ではない。しかし、それをしないところに横綱の高い精神性がある。相手を痛めつける競技ではないのですからね」

 かち上げは本来、ヒジで相手の体をずり上げ、上体を起こさせるのが目的の技だ。それを白鵬は顔面にエルボーをぶつけにいく、打撃技として多用している。

「いっそプロレスに転向しろ」とは某親方だが、確かに相手を痛めつけてナンボのショーならば、大好きなヒジを見舞っても文句は言われない。それどころか、殴る蹴るが奨励される世界だ。サディストの白鵬にとって、プロレス以上に加虐心を満たせる舞台はないだろう。

 今すぐ土俵を下りて、リングに上がるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る