• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

格下相手にまた“エルボー” 白鵬にプロレス転向のススメ

 国技館にブーイングの嵐が巻き起こった。

 標的は当然、横綱白鵬(31)である。立ち合いで琴勇輝の左頬を張ると、変化しながら続けざまに右のヒジ打ち。琴勇輝が左手を出していたのでヒジは不発に終わったものの、変化で体勢を崩した相手を難なく押し出した。

 これには中継の解説を務めていた舞の海(元小結)も、こう苦言を呈した。

「かち上げは反則ではない。しかし、それをしないところに横綱の高い精神性がある。相手を痛めつける競技ではないのですからね」

 かち上げは本来、ヒジで相手の体をずり上げ、上体を起こさせるのが目的の技だ。それを白鵬は顔面にエルボーをぶつけにいく、打撃技として多用している。

「いっそプロレスに転向しろ」とは某親方だが、確かに相手を痛めつけてナンボのショーならば、大好きなヒジを見舞っても文句は言われない。それどころか、殴る蹴るが奨励される世界だ。サディストの白鵬にとって、プロレス以上に加虐心を満たせる舞台はないだろう。

 今すぐ土俵を下りて、リングに上がるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    加計理事長の会見を認めない 雲隠れしていて結局それかい

  10. 10

    コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

もっと見る