• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

格下相手にまた“エルボー” 白鵬にプロレス転向のススメ

 国技館にブーイングの嵐が巻き起こった。

 標的は当然、横綱白鵬(31)である。立ち合いで琴勇輝の左頬を張ると、変化しながら続けざまに右のヒジ打ち。琴勇輝が左手を出していたのでヒジは不発に終わったものの、変化で体勢を崩した相手を難なく押し出した。

 これには中継の解説を務めていた舞の海(元小結)も、こう苦言を呈した。

「かち上げは反則ではない。しかし、それをしないところに横綱の高い精神性がある。相手を痛めつける競技ではないのですからね」

 かち上げは本来、ヒジで相手の体をずり上げ、上体を起こさせるのが目的の技だ。それを白鵬は顔面にエルボーをぶつけにいく、打撃技として多用している。

「いっそプロレスに転向しろ」とは某親方だが、確かに相手を痛めつけてナンボのショーならば、大好きなヒジを見舞っても文句は言われない。それどころか、殴る蹴るが奨励される世界だ。サディストの白鵬にとって、プロレス以上に加虐心を満たせる舞台はないだろう。

 今すぐ土俵を下りて、リングに上がるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る