柔道48kg級は開会式翌日 海外に弱い近藤亜美は責任重大

公開日:  更新日:

 4月に行われた、リオ五輪代表選考会も兼ねた全日本選抜柔道体重別選手権大会で優勝。初の五輪キップを手にした近藤亜美(20)。

 出身は愛知県。吉田秀彦や谷本歩実ら、五輪金メダリストを輩出した大石道場で修業を積み、48キロ級では若きエース候補として注目されていた。

 しかし、不安がないわけではない。ノンフィクションライターの柳川悠二氏は「特筆すべき武器がないのが気になります」と、こう続ける。

「例えば52キロ級の中村美里は小外刈りや小内刈りを中心とした足技が得意。世界中のライバルたちが警戒していますが、近藤はこれといった武器が見当たらない。受けの強さ、組み手のうまさで勝負する選手で、技がキレるというタイプではない。48キロ級は長年、世界で勝つより日本で勝ち抜くのが至難の業でしたが、近藤は海外の大会に強くないのも懸念材料です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る